公式サイトを育てていく方法(コンテンツ編)

今回はブランドや自社製品の公式サイトを構築した後にコンテンツをベースとして育てていく方法について書いていきます。

これはブランドなどの公式サイトに限らず、様々な媒体を育てていく上でも重要な考え方です。

SEO対策やマーケティングにも関連するため、物販ビジネスや輸入ビジネスに限らず応用できると思います。

コンテンツマーケティングの考え方

コンテンツを積み上げていきながらサイトを運営して育てていくことをコンテンツマーケティングと言います。
正確には、読者(サイト来訪者)にとって有益で説得力や実用性のある情報を発信することによってユーザーを引きつけ、最終的にはユーザーが求める商品やサービスを提供する最終目的(コンバージョン)に到達させようというマーケティング手法です。

例えば、バッグが欲しいと考えているユーザーがバッグについて色々と検索していく中で、とある2つのブランドが良いなと検討しているとしましょう。価格やデザインの比較はもちろんですが、実際にそれぞれのバッグを使ったことのある人の体験談や一緒に販売している店舗(オンライン)独自の目線で発信している情報があったとします。
この人にとってそういった情報を発信している店舗はただ売っているだけの店舗とは違い、実際に使うことを想定した情報(コンテンツ)まで提供してくれているということになります。
どちらのブランドのバッグが良いか決断した場合、このユーザーが情報を提供してくれた店舗から購入する可能性はかなり高いと思います。
もちろん、他店の方が圧倒的に価格が安いとか、明らかな乖離がある場合は違いますが、そこまで大きな違いがなければこの店舗から購入するでしょう。

ユーザーの心理的に、自分にとって有益な情報を与えてくれたサイトというのは信頼が増すものです。
ただ商品を並べて、商品の良さだけを列挙するより、扱っている類似商品との比較であったり、扱っていなくても他社製品との比較であったりを解説しているような店舗は好まれるでしょう。

インターネット上ではWEBサイトが24時間365日営業をしてくれていることに間違いありません。
一方で、ありとあらゆる情報の中からユーザー側も取捨選択しなければいけません。
そのために必要なことはただ商品を並べておくだけ、あるいは無意味な情報をズラズラと書くだけの小手先のSEO対策ページは効果がありません。(むしろSEO的には逆効果)

その辺りを意識して、実際に自社が扱うブランドや製品にどういった特徴があるのか、どういった使い方ができるのか、あるいは他社製品と何が違うのかを少しずつでもコンテンツとして提供していくことで、着実にブランディングしていくことができます。

SEO対策にもなる

コンテンツマーケティングの考え方はSEO対策の本質をついています。
Googleは様々なアルゴリズムのアップデートを繰り返し、非常に複雑になっています。
一方で、実際に私たちがすべきことはいたってシンプルになっているという事実もあります。

それはユーザー(読者)にとって有益なコンテンツ(情報)を提供することです。

つまり、たくさんのラインナップがあるショップであれば、それぞれの比較をしてみてもいいですし、単独ブランドの公式サイトであれば様々な利用シーンや製品ができるまでの工程といったブランドならではのストーリーを提供してもいいかもしれません。

逆に言えば、過剰なSEO対策を意識した無駄に文字数が多いだけのページや、検索エンジンにヒットさせたいキーワードを不自然に使ったページなどはどんどん排除されていきます。

アルゴリズムが複雑になっている一方で、私たちがやるべきことはシンプルになっています。
小手先だけのSEO対策は無意味になりますので、そういった意味でもコンテンツマーケティングの考え方で媒体を強化していくことは非常に意味のあることだと考えています。


The following two tabs change content below.
世界中にあるメーカーやブランドとタッグを組み、その素晴らしさや利便性を日本国内に広げるための活動に取り組んでいます。当ブログで自らの経験に基づいた輸入ビジネスや物販ビジネスでの情報を発信し、個人輸入ビジネスで独立・起業するためのノウハウをお伝えしています。

プロモーションにおける考え方

Facebook広告の活用における考え方

関連記事

  1. 写真撮影、いざ誰に依頼しようかと思ったら

    写真撮影がブランディングにおいて重要であるということを書きました。今回は具体的に誰に依頼したらよ…

  2. 動画を制作する重要性

    ここ最近は写真撮影の重要性について書いてきましたが、それに関連して動画についても触れてみたいと思いま…

  3. ブランド公式サイトの構築手順

    以前の記事でブランド公式サイトを構築することの重要性について書きました。今回は具体的なサ…

  4. ブランド公式サイトを構築する重要性

    輸入総代理ビジネスでは輸入転売とは異なり、1つのブランドや製品を0から作り上げていく必要がありま…

  5. 写真撮影もブランディングの重要な要素

    商品の写真撮影は非常に重要な要素ですが、意外とその重要性を認識していない方もいらっしゃると思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者プロフィール

呉 達人(合同会社FRONTIER TRADE代表)

Webサイト制作会社に約4年勤務。
2015年8月から個人輸入ビジネスに参入し、2016年2月に独立開業。その後は輸入ビジネスを中心とした物販事業を継続し、現在は海外メーカーと直接取引を行うビジネスモデルを展開中。 輸入ビジネス以外にも、川崎市内のBARや飲食事業などでWebコンサルを行ない、Webを活かしたお手伝いをしています。
当ブログにて輸入ビジネスにチャレンジしたい方の手助けや現在輸入ビジネスに取り組んでいる方との情報交換の場になればと思っています。


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

最近の記事

タメになるビジネスマインド

BUYMAの活動に行き詰っているあなたへ

呉達人公式LINE@

友だち追加

アーカイブ

PAGE TOP