写真撮影もブランディングの重要な要素

商品の写真撮影は非常に重要な要素ですが、意外とその重要性を認識していない方もいらっしゃると思います。

実店舗を持っている方や卸売りをしている方は店舗で実物を見ることができますが、
オンラインで販売する場合、お客様が購入するための判断材料としては商品の写真しかありません。

最近ではスマートフォンやデジタルカメラの画質も相当上がっていますから、まずは出品するための写真でよければそういった機器でも十分です。
大事なことは適当な写真やメーカーが用意した素材だけに頼らず、なるべくクオリティーの高い写真を用意するという意識です。

もちろん、お金をたくさんかければ良い写真はたくさん撮影できます。
一方で、大事なことは実際に使ってもらうお客さんにとって有益となる素材となることです。
例えば若者向けの商品なのにモデルさんが年配の方とか、逆も同じことですね。
しっかりと使ってもらう人のことを考えたブランディングと設計が必要です。

また、モデルさんを起用するにしても、例えば知り合いに依頼するとか、
SNSを使って直接交渉してみるとか、工夫次第でコスト削減は可能です。

だからといって闇雲にコストを削れば良い訳ではありませんが、バランスよく取り組んでいきたいところですね。
カメラマンさんも最近ではクラウドソーシングで個人的に依頼することもできます。
内容にもよりますが、予め段取りや欲しいカットをしっかりと決めておいて依頼すれば
カメラマンさんの負担も減りますから、予定していた予算よりお安くやっていただくこともできるでしょう。

やり方次第でコストを抑えつつ、クオリティーの高い写真撮影が出来れば、素材として長く使い続けることが出来ます。

写真撮影は商品のブランディングにとって非常に重要な要素ですので、是非手を抜かずに取り組みましょう。


The following two tabs change content below.
世界中にあるメーカーやブランドとタッグを組み、その素晴らしさや利便性を日本国内に広げるための活動に取り組んでいます。当ブログで自らの経験に基づいた輸入ビジネスや物販ビジネスでの情報を発信し、個人輸入ビジネスで独立・起業するためのノウハウをお伝えしています。

Facebook広告の活用における考え方

写真撮影、いざ誰に依頼しようかと思ったら

関連記事

  1. 動画を制作する重要性

    ここ最近は写真撮影の重要性について書いてきましたが、それに関連して動画についても触れてみたいと思いま…

  2. 公式サイトを育てていく方法(コンテンツ編)

    今回はブランドや自社製品の公式サイトを構築した後にコンテンツをベースとして育てていく方法について書い…

  3. ブランド公式サイトを構築する重要性

    輸入総代理ビジネスでは輸入転売とは異なり、1つのブランドや製品を0から作り上げていく必要がありま…

  4. ブランド公式サイトの構築手順

    以前の記事でブランド公式サイトを構築することの重要性について書きました。今回は具体的なサ…

  5. 写真撮影、いざ誰に依頼しようかと思ったら

    写真撮影がブランディングにおいて重要であるということを書きました。今回は具体的に誰に依頼したらよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者プロフィール

呉 達人(合同会社FRONTIER TRADE代表)

Webサイト制作会社に約4年勤務。
2015年8月から個人輸入ビジネスに参入し、2016年2月に独立開業。その後は輸入ビジネスを中心とした物販事業を継続し、現在は海外メーカーと直接取引を行うビジネスモデルを展開中。 輸入ビジネス以外にも、川崎市内のBARや飲食事業などでWebコンサルを行ない、Webを活かしたお手伝いをしています。
当ブログにて輸入ビジネスにチャレンジしたい方の手助けや現在輸入ビジネスに取り組んでいる方との情報交換の場になればと思っています。


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

最近の記事

タメになるビジネスマインド

BUYMAの活動に行き詰っているあなたへ

呉達人公式LINE@

友だち追加

アーカイブ

PAGE TOP