動画を制作する重要性

ここ最近は写真撮影の重要性について書いてきましたが、それに関連して動画についても触れてみたいと思います。

まず結論から言えば、ブランディングにおいて動画は大変重要です。
重要であり、ブランドにとって必須とも言うべきツールです。

それを踏まえた上で、その重要性を考えていきたいと思います。

最も簡単な商品説明方法

ブランドや商品の魅力を説明するときに必要な方法は大きく分けて3つあります。
文章、写真、そして動画です。
これはWEB媒体に限らず、雑誌、テレビ、ラジオ(音声ですが原稿は文章ですね)、新聞、どのような媒体でも共通です。
中でもWEBの魅力は文章、写真、動画を全て駆使できるということです。
テレビは映像(動画)のみですし、そのほかの媒体は多くても写真と文章です。
しかし、3つすべてを活用できるのはWEBの大きな強みと言えます。

その中でも動画は商品説明をするのに最も簡単な方法です。
視聴者に観てさえもらえれば、視覚的に商品の特徴、使い方、強みなどを紹介できるからです。
今でもテレビCMの効果が大きいのは、もちろんテレビ自体の媒体力が強いこともありますが、
それと同時に動画(映像)で訴求できるからではないでしょうか。
たとえテレビほどの媒体力があっても、ただ文章がズラズラと書かれているだけの説明ではわかりにくいですよね。

活用できる素材を最大限活かせるのがWEB

つまり、WEB媒体は繰り返しになりますが動画、文章、写真の全てを活用できます。
では、その中でも最も有効な手段と言えば、やはり動画ということになります。
もちろん、ただ流しているだけではいけませんが、きちんとしたストーリー設計や説明の手順を踏めば自ずと興味が湧いてきます。
一方で、最近では動画投稿サイトが広く普及した結果、WEB上で動画を見る機会も飛躍的に増えました。
結果として、最初の数秒で全てが決まると言っても過言ではないほどシビアでもあります。

魅力的な動画制作とは

そこで重要になってくるのが魅力的な動画を制作することです。
しかし、これが文章にするのは簡単ですが、非常に奥が深く難しいところでもあります。

まず一つは撮影機材。
プロカメラマンやテレビ番組の制作会社が使うような本格的なカメラを用意することは容易ではありません。
一方で、最近ではスマートフォンですら高画質な映像を撮影することができるようになりました。
工夫次第で、たとえ内容がイマイチでも人を惹き付けるような映像を撮影することは可能になってきています。

次にストーリーです。
商品を説明する場合、大事な要素はその商品がどんな問題を解決してくれるのか、どういった点が便利なのかを訴求する必要があります。
これは商品ごとに違いますので一概に言えませんが、その前提がある上でストーリーを設計し、流れに沿って撮影する必要があると言えるでしょう。

大事なことはアイデアと工夫

まずスタートラインとして動画は制作した方がよいということをお分かりいただけましたら、
あとはアイデアと工夫次第で制作は可能です。

動画制作と言えば写真撮影以上に高額だというイメージがあるでしょう。
実際、そういった方法もありますし、それだけのコストをかけるべき場合もあります。
しかし、まずは商品の説明ができればよい、というレベルであれば、アイデアと工夫次第でコストを抑えることは可能です。
例えば撮影機材はスマートフォンを用いて、動画編集ソフトの方にコストをかけるとか。
動画編集ソフトを持っている人に依頼するとか。
モデルさんを知人にお願いするとか。
当然、手間はかかりますが、その分だけコストを抑えることができます。

大事なことはバランスです。
制作会社に依頼すれば全て丸ごとやってくれますので、予算に余裕があればそれもいいでしょう。
自分自身は他のことに注力できるからです。
一方で、例えばストーリー設定、モデルさんのキャスティング、場所の手配は自分で行い、
撮影自体はプロに依頼するというのもいいでしょう。

まとめ

商品やブランドにおいて動画素材を所有しておくことは重要です。
その上で、いざ撮影から公開できる形に持って行くまでのプロセスで、
どこまで工夫するかによってコストも変わってきます。

動画は大事だが、コストがかかって出来ない、という時代ではなくなりました。
動画の重要性を認識できたら、あとは実現するための方法を考えていきましょう。

そうすれば、自然と良い作品が出来上がり、必ずや商品やブランドの魅力を伝える素晴らしい営業ツールに変えることができます。


The following two tabs change content below.
世界中にあるメーカーやブランドとタッグを組み、その素晴らしさや利便性を日本国内に広げるための活動に取り組んでいます。当ブログで自らの経験に基づいた輸入ビジネスや物販ビジネスでの情報を発信し、個人輸入ビジネスで独立・起業するためのノウハウをお伝えしています。

写真撮影、いざ誰に依頼しようかと思ったら

ZOZOTOWNの動きにみる送料の設定

関連記事

  1. ブランド公式サイトの構築手順

    以前の記事でブランド公式サイトを構築することの重要性について書きました。今回は具体的なサ…

  2. 写真撮影もブランディングの重要な要素

    商品の写真撮影は非常に重要な要素ですが、意外とその重要性を認識していない方もいらっしゃると思います。…

  3. ブランド公式サイトを構築する重要性

    輸入総代理ビジネスでは輸入転売とは異なり、1つのブランドや製品を0から作り上げていく必要がありま…

  4. 公式サイトを育てていく方法(コンテンツ編)

    今回はブランドや自社製品の公式サイトを構築した後にコンテンツをベースとして育てていく方法について書い…

  5. 写真撮影、いざ誰に依頼しようかと思ったら

    写真撮影がブランディングにおいて重要であるということを書きました。今回は具体的に誰に依頼したらよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者プロフィール

呉 達人(合同会社FRONTIER TRADE代表)

Webサイト制作会社に約4年勤務。
2015年8月から個人輸入ビジネスに参入し、2016年2月に独立開業。その後は輸入ビジネスを中心とした物販事業を継続し、現在は海外メーカーと直接取引を行うビジネスモデルを展開中。 輸入ビジネス以外にも、川崎市内のBARや飲食事業などでWebコンサルを行ない、Webを活かしたお手伝いをしています。
当ブログにて輸入ビジネスにチャレンジしたい方の手助けや現在輸入ビジネスに取り組んでいる方との情報交換の場になればと思っています。


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

最近の記事

タメになるビジネスマインド

BUYMAの活動に行き詰っているあなたへ

呉達人公式LINE@

友だち追加

アーカイブ

PAGE TOP