自己紹介

はじめまして。FRONTIER TRADE代表の呉 達人と申します。
現在、輸入ビジネスを中心に個人事業主として日々生活しています。

このサイトに来ていただいたということは、現在何かしらのインターネットビジネスに取り組んでいたり、あるいはこれからインターネットビジネスをしてみたいとお考えの方だと思います。

一口にインターネットビジネスと言ってもたくさんの種類がありますよね。転売、情報発信、アフィリエイトなど、一度は聞いたことがあるものばかりだと思います。

結論から申し上げると、あなたがどれを取り組むべきかと言えば、どれでも良いと思っています。

「随分無責任だな」と思われるかもしれませんが、よくよく考えてみて下さい。

まず第一に、僕にとっていまこの記事を読んでいただいている皆さんの性格であったり、どんな生活をしているのか、いくら稼ぎたいのか、全く分かりません。ですから、最も良い選択肢というのは

自分自身がやってみたいこと

にチャレンジしてみることがベストだと思います。

よく、「好きなことを仕事にする」ことに関して様々な議論があります。

僕自身の意見としては、稼げるなら好きなことをやるに越したことはないと思っています。

それはそうですよね。

好きなことの方が作業もはかどるし、何よりその分野についての知識もあるし、ちょっとくらいの困難も苦にならないと思います。

一方で、僕自身がどうだったかと言われれば、「やってみてだんだん好きになる」というケースでした。

例えば、いま会社やアルバイトで勤めている方なら、その仕事を初めてやった時は全くの素人ですから仕事の楽しさも難しさも分からなかったはずです。

時間をかけて続けていくうちにだんだんコツを掴んできて、それが楽しさであったり、お給料をもらえることの達成感であったりに変わってきたと思います。

もちろん、続けていくうちに嫌な部分が見えてきて、いまの仕事は辛いだけだと感じる方も少なくないでしょう。

なぜこんな話をしているかと言うと、本題はいま皆さんが考えている「インターネットビジネスで稼ぐこと」に対してどこをゴールにするかが最も重要だということです。

ただ副業としてお小遣い稼ぎが出来ればよいのか、あるいは本業にして独立・起業をしたいのか、それによって大きく変わってくると思います。

インターネットビジネスとの出会い

突然ですが、僕は現在27歳(平成元年生まれ)です。いまは輸入ビジネスを中心に個人事業主として仕事をしています。

なぜ輸入ビジネスなのかと言えば、今となっては当たり前のように仕事として取り組んでいるからにほかなりませんが、始めた当初は

とにかく稼げればいい

と思っていただけでした。もっと言うと、

とにかく独立したい・起業したい

という漠然とした気持ちだけは強く持っていました。

では、どうしたら独立・起業できるのか。それを考えたときにたどり着いたのがインターネットビジネスです。

説明するまでもありませんが、インターネットが爆発的に普及してからは個人でも少ない資金で簡単にビジネスを始めることが出来て、1億人以上と言われるインターネット人口を相手に、自分が扱う商品を売ることができるようになりました。

そして、そのための環境であったり、先駆者たちが実践してきたノウハウがたくさん転がっています。

僕にとってインターネットの出会いは中学生の頃になります。

当時は今のようにスマートフォンは当然ありませんし、インターネットに接続するにも使用時間に応じて課金される世の中でした。(そう考えると今のネット環境は本当に快適ですよね。)

家にある家族共有のパソコン1台を使って限られた時間の中でネットサーフィンをしてみたり、当時はまだホームページ自体が珍しかったので、ジオシティーズでホームページを作ったりして遊んでいました。

その頃から、物珍しさもあって何かと触れる機会が多かったように思いますが、今思えば、最初のネットビジネスとの出会いはヤフーオークションでの不要品販売でした。もちろん、お小遣いにもならない微々たるものですし、そもそもそれで稼ごうなんて思ってもいなかったので、当時は何となく遊び感覚でやっていたと記憶しています。

その後は暇な時間でアンケートサイトやポイントサイトでポイントを貯めてみたり、ブログを作って広告を貼ってみたり、何だかんだインターネットビジネスに触れてはいたものの、ほとんど遊び感覚だったので大した収入は得ていませんでした。

気付けば社会人になり、サラリーマンとしてキャリアをスタート

早い人なら「20歳で起業」とか「大学生で年収1000万」といったキャッチーなタイトルで人々を惹きつける方もいらっしゃいますが、残念ながら僕自身は普通の学生生活を送り、普通にサラリーマンとしてキャリアをスタートしました。

いま思えば、普通に学生生活を送ることができただけでもありがたいことですし、親に感謝しなければいけませんね。

そんなこんなでサラリーマンも3年ほど勤めると、いよいよ起業したいという想いが強くなってきました。同時に頭をよぎったことは

インターネットビジネスを始めるしかない

ということでした。よく、インターネットビジネスで情報発信されている方の多くはいわゆる「どん底」から這い上がるためにインターネットビジネスを初めて稼げるようになった、という話が多いように僕は感じます。

それはもちろん凄いことですが、独立・起業するためには必ずどん底を味わわないといけないの?と常に疑問を抱いていました。

僕の場合は完全に自分の都合ですから、正直サラリーマンを続けていてもそこまでお金には困っていませんでした。

それでも独立・起業したいと思ったのは時間的自由、経済的自由、精神的自由を得たかったからに他なりません。

そうして、改めて様々な情報商材を試してみては成果が出せずに挫折し、浅く広くの悪循環に陥ってしまったと思います。ある意味、失敗ばかりだったのでそこが自分にとっての「どん底」だったのかもしれませんが(苦笑)

そもそもインターネットに触れることは多かったものの、ビジネスとして真剣に取り組んだことがなかったので稼ぎ方を知らなったわけです。

そこで一念発起、多少高い金額を出してでもしっかりとコンサルティングを受けようと決めました。

とはいえ、既にたくさんの情報商材が出回っており、人脈も何もない僕にとって誰から教わればいいのか、皆目見当がつきません。

そんな時に、社会人になってから出会った経営者の方に紹介してもらったことがきっかけで、名古屋を拠点にした物販ビジネスのコミュニティに入会することになりました。

物販ビジネスで本格的なインターネットビジネスをスタート

僕にとって、物販ビジネスは「商売の基本」を体感するという意味でも非常に良いビジネスモデルだと感じていました。物販ビジネスに必要なことは、とにかくシンプルで

安く仕入れて高く売る

ことにほかなりません。

これは近所の八百屋さんだったり、大きな百貨店でも全く同じことです。

とはいえ、そんな簡単に安く仕入れて高く売れるものが見つかったら誰も苦労しないわけで、やはり最初すぐには成果は出ませんでした。

しかし、とにかく起業したい・独立したいと思っていただけに「諦める」という選択肢は一切なくて、とにかく結果が出るまでやり続けました。初めて注文が入った時のこと、初めて海外から商品を輸入して自宅に届いた時のこと、初めて月収30万円を突破したこと、いろいろな初めてを経験していくうちに、今の仕事に結びつくようになりました。

念願の独立!しかし実感は湧かない

こうして僕自身は2016年2月に会社を退職し、現在は個人事業主として独立することができました。

インターネットビジネスを始めた当初は「とにかく独立できればいい」と思っていましたが、実際にいざ独立してみると実感が湧かず、それ以上にもっと出来ることはないか、もっと売り上げをあげる方法はないかを探求する日々です。

輸入ビジネスで独立・起業を目指す

僕自身、まだまだ道半ばです。もっと上には上の方がいらっしゃいます。

一方で、これまで培ってきたものは着実に自分自身のノウハウとして積み重なっています。

このサイトは、僕と同じように「何としてでも独立したい!」と考えている方にとって、輸入ビジネスというカテゴリーで少しでもお役に立てればと思い、立ち上げました。

世の中には「月収100万円稼ごう!」とか「年商1億円達成!」といったギラギラしたものがまだまだたくさん存在しています。

僕はそれ自体を否定するつもりは一切ありません。しかし、本質は何かと考えたときに、ただお金を稼ぐだけにやるのであれば、それは一発屋で終わってしまう危険性があり、本来は継続して稼ぎ続けなければ意味がありません。

まずは現状を打破して独立・起業を目指すこと、そしてそれがゴールではなくスタートであり、そこから事業を継続、発展させていくことこそが本当の目的ではないでしょうか?少なくとも僕自身はそう考えています。

そのための入り口として輸入ビジネスという方法があり、その可能性や再現性を知って頂けたら嬉しい限りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。